モデル生涯ストーリー
ENTRY
エントリー
ENTRY
エントリー
Business

どんな会社?

HOME どんな会社?

社員一人ひとりが考えて
“ものづくり”をする会社です

「自主創造」の理念の基、常に先取りの精神で、変化に対応したさまざまな分野の開発に取り組み、
新しいアイデアを取り入れ、社会が必要とする製品を提供しています。
1953年から現在に至るまで、築き上げてきた基盤をもとに、安心して働ける環境で、
若い力とともに”ものづくり”にチャレンジし続けます。

社是

自主創造
「自分で考え、自分の力で世にない新たなものを生み出す」、
つまり、「自ら道を拓いていく」こと。
常に「自主創造」の精神で、技術・生産・販売が一体となって、
社会に必要とされるものを創造し続けてきました。
“自分”とは矢崎化工のことでもあり、社員一人ひとりのことでもあります。
社員の自主性を重んじることで、自身で考えて行動できる会社です。

代表メッセージ

「自ら時代をつかみ未来を創る
他に例を見ない発想力と創造力で
常にオンリーワン企業を目指し
社会の発展に貢献します。
当社は昭和28年、当時 最先端素材だったプラスチックを使ってものづくりをスタート。「自主創造」の理念のもと、オリジナルの製品を開発し、自分たちでお客様に提案して販売することを大切にしてきました。 社会が求めるものをつくり続けるために、時代の変化をいち早く取り入れ様々な製品を世に送り出してきましたが、現在では、製造現場における設備や機器、つまり ものづくりの“道具”づくり に力を入れています。 これから先、時代が変わり、それに伴って製品も変わっていったとしても、当社が ものづくりの現場を支える “道具”づくりをしていくことは変わらないでしょう。
また当社では、創業当時から社員が安心して働けることを大原則として、家族のように大切にしています。 皆さんを採用するにあたっても、皆さんが安心して働ける会社であり続けることが、会社としての責任であると 考えています。
当社がこれからも世の中の変化を捉え、社会に必要とされる企業であり続けるためには、「人」は欠かせません。 社会になくてはならない企業をめざし、私たちと共に成長していきましょう。
代表取締役社長 矢崎敦彦

沿革

1953
[昭和28年]
8月
兄、矢崎貞美が社長を務める矢崎電線工業株式会社(現矢崎総業株式会社)の技術部長であった矢崎芳實が合成樹脂(プラスチック)製品の開発から製造・販売まで一貫して手掛ける会社を設立 創業社長 矢崎芳實、資本金1千万円 本社を東京都港区 工場を静岡市(現本社・技術センター)にて創業
11月
大阪出張所を大阪市に開設(現大阪支店 大阪府高槻市)
12月
中西儀兵衛商店(現ブルーミング中西株式会社)のハンカチ容器として、全国のデパートにプラスチックケースでは初めて店頭進出
当時の静岡工場(現本社・技術センター)
1954
[昭和29年]
3月
プラスチック貯金箱を新規考案(特許番号446852号、424633号)し、銀行のラッキー箱として大量納入開始
プラスチック貯金箱
1950年代
1955
[昭和30年]
2月
毎日新聞社主催日本工業デザイン展において家庭用品容器3種類入選
4月
資本金2千万円に増資
5月
名古屋出張所を名古屋市に開設(現名古屋支店 愛知県犬山市)
6月
大阪工場を大阪市城東区に新設
1956
[昭和31年]
2月
福岡出張所を福岡市に開設(現九州支店 福岡県飯塚市)
4月
札幌出張所を札幌市に開設(現北海道支店 北海道美唄市)
7月
電力会社用プラスチック製メーターケースを全国電力会社に試用納入
また、高圧線用絶縁カバー類を制作、各電力会社ならびに鉄道管理局に納入
メーターケース
1957
[昭和32年]
2月
広島出張所を広島市に開設(現広島支店 広島県廿日市市)
高松駐在所を高松市に開設(現高松支店 香川県高松市)
電柱キャップを電力会社、全国電気通信局納入開始
4月
愛知県及び名古屋市主催のプラスチック見本市でレインボーコップが1等入選、愛知県知事賞受賞
9月
トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車株式会社)への自動車部品の納入開始
1958
[昭和33年]
1月
メーターケースが全国9電力会社の用品規格に制定され納入開始
電柱キャップが日本電信電話公社規仕第107号として全国的に規格統一され納入開始
8月
本田技研工業株式会社にオートバイ部品の納入開始
9月
仙台出張所を仙台市に開設(現仙台支店 宮城県名取市)
豊田工場を愛知県豊田市に新設
11月
電気用品製造の免許取得
1959
[昭和34年]
4月
大蔵省貯蓄増強中央委員会の地球儀型貯金箱を製作し、日本銀行貯蓄推進部の指示のもとに各金融機関、農業協同組合、婦人会等、全国的に納品を開始
5月
太田工場を群馬県太田市に新設 東京工場を移転
資本金4千万円に増資
営業部を東京支店に改称、東京都台東区に移転(現東京支店 埼玉県所沢市)
本社住所を東京都港区に変更
11月
電池函が日本電信電話公社規仕第161号として規格され、全国に納入開始
1960年代
1960
[昭和35年]
8月
プラスチック製丹頂型公衆電話ボックスの屋根及び天井、照明板一式につき、日本電信電話公社規仕第171号として規格され、全国電気通信局に納入を開始
プラスチック製公衆電話標識板が、東京電気通信局規格に制定され、納入開始
その他全国電気通信局でも採用され、納入開始
1961
[昭和36年]
1月
資本金6千万円に増資
8月
清掃用ゴミ収集容器が東京都指導品に指定され東京都をはじめとして全国的に生産販売を開始
9月
大阪工場を大阪府高槻市現在地に移転
10月
本社を東京都板橋区に移転
東京都に指定された「万能桶」
1963
[昭和38年]
3月
「ポリカーボネート製」ポール型公衆電話キャビネットを日本電信電話公社と共同研究
規格化が決定し指定業者として認可される
同年7月特仕第4793号仕様化され納入開始
12月
新製品ポリテナーを大阪市プラスチック技術研究会、大阪工研究会主催第9回プラスチック総合展に出品、工業技術院長賞を受賞
プラスチック製容器「ポリテナー」
1965
[昭和40年]
10月
資本金1億円に増資
1966
[昭和41年]
4月
南関東営業所を横浜市に開設(現神奈川支店 神奈川県秦野市)
東関東営業所を太田市に開設(現関東支店 群馬県太田市)
イレクターパイプの生産を開始
「イレクターパイプ」生産開始
1967
[昭和42年]
4月
静岡営業所を静岡市に開設(現静岡支店)
11月
美唄工場を北海道美唄市に新設
12月
福岡工場を福岡県嘉穂郡に新設(現九州支店)
1968
[昭和43年]
6月
犬山工場を愛知県犬山市に新設 豊田工場を移転
1970年代
1972
[昭和47年]
4月
本社を静岡県静岡市現在地に移転
1973
[昭和48年]
10月
矢崎敦彦社長就任
1974
[昭和49年]
4月
包材店を中心にリール巻ポリ袋の拡販体制に入る
6月
植木鉢、盆栽棚等園芸用品の発売を開始
リール巻ポリ袋「タイミーパック」
1975
[昭和50年]
3月
全日本プラスチック成形工業会主催「第8回成形品コンクール」において、植木鉢が優秀品として静岡県知事賞を受賞
1977
[昭和52年]
9月
日曜大工センターを中心にイレクター製品の拡販体制
1990年代
1991
[平成3年]
4月
米国法人テキスチューブ社(TEXTUBE Corporation)を傘下に収めクリフォーム(イレクター)生産・販売
初の海外拠点(現クリフォーム社)
1996
[平成8年]
1月
太田工場が『ISO9001』(品質マネジメントシステム国際規格)認証取得(平成10年 美唄工場 認証取得)
1997
[平成9年]
4月
犬山工場、技術センターが『ISO9001』(品質マネジメントシステム国際規格)認証取得
1998
[平成10年]
9月
本社・技術センター・静岡支店が『ISO14001』(環境マネジメントシステム国際規格)認証取得(平成11年 美唄工場・北海道支店、太田工場・関東支店、犬山工場・名古屋支店・自動車部品部、平成12年 大阪工場・大阪支店 認証取得)
1999
[平成11年]
10月
ドイツロッフェルデン市にクリフォームテクニーク社(CREFORM Technik GmbH)をテキスチューブ社との共同出資設立 クリフォーム販売
2000年代
2000
[平成12年]
4月
テキスチューブ社(TEXTUBE Corporation)にて工場を増設し、イレクターパイプ製造ライン(1号機)を新設
2002
[平成14年]
8月
クリフォームロジスティック社(CREFORM Logis-Tech Corporation)をテキスチューブ社の傘下に収める
2004
[平成16年]
1月
テキスチューブ社(TEXTUBE Corporation)の社名をクリフォーム社(CREFORMCorporation)に変更
4月
大阪工場にてイレクターパイプの新生産ラインを稼動
5月
クリフォーム社(CREFORM Corporation)はクリフォームロジスティック社(CREFORMLogis-Tech Corporation)を統合 ミシガンオフィスとして開設
2006
[平成18年]
1月
クリフォーム社(CREFORM Corporation)にてイレクターパイプ製造ライン(2号機)を増設
6月
タイのクリフォーム販売協力会社よりクリフォーム販売部門を分離し、タイ パトゥンタニ県にクリフォームヤザキタイランド社(CREFORM yazaki(THAILAND) CO., LTD.)を設立
2008
[平成20年]
6月
クリフォーム社(CREFORM Corporation)、ケンタッキー州ジョージタウン市(Georgetown)に事務所を開設
8月
社名の英語表記を「Yazaki Kako Corporation」に変更
9月
クリフォームテクニーク社(CREFORM Technik GmbH)、バウナタル市(Baunatal)に社屋・工場を新設し移転
12月
クリフォームテクニーク社(CREFORM Technik GmbH)にてイレクターパイプ製造設備を新設
2013
[平成25年]
8月
来賓・OB・OG・社員が出席し、創業60年記念式典を東京お台場のホテルで開催
創業60年記念式典
2014
[平成26年]
8月
クリフォーム社(CREFORM Corporation)、ノバイ市(Novi)にミシガンオフィス社屋を新設し移転
2015
[平成27年]
5月
取締役社長 矢崎敦彦 が長年 社業と並行して取り組んだ「行政相談委員」の活動が評価され『瑞宝双光章』を受章
瑞宝双光章
創業以来65年以上続く「自主創造」の精神を未来へ繋げます

会社概要

商号 矢崎化工株式会社 (Yazaki Kako Corporation)
代表者 取締役社長 矢崎敦彦
本社所在地 〒422-8519 静岡県静岡市駿河区小鹿2丁目24番1号
設立年月日 昭和28年(1953年)8月4日
資本金 1億円
事業内容
  1. 1.各種ラック、台車、棚車、自動搬送車、コンベア、昇降機等物流機器設備及び機材の設計、製造並びに加工、販売
  2. 2.福祉介護用品の製造並びに加工、販売
  3. 3.動力機器工作機械、運搬機械、ロボット装置、搬送装置、自動制御装置、合成樹脂被覆鋼管パイプ製造機械、パイプ切断機の製造並びに加工、販売
  4. 4.金属加工品用金型及び樹脂成型品用金型の製造並びに加工、販売
  5. 5.合成樹脂製品の製造並びに加工、販売
  6. 6.ソフトウェアの開発並びに販売
  7. 7.特定労働者派遣業
  8. 8.前各号に付帯する一切の業務
売上高 202億円(2017年度実績)
従業員数 従業員数 953名(2018年4月1日現在/国内単体)

営業拠点・生産拠点

関連会社

CREFORM
Technik GmbH
CREFORM yazaki
(THAILAND) CO.,LTD.
CREFORM
Corporation
CREFORM Corporation
Michigan Office
CREFORM Corporation
Kentucky Office